車が水没したら!?脱出&対処法

 

近年の異常気象のゲリラ豪雨、台風などにより冠水した道路に進んでしまったなどと言う事故は毎年発生します。
そのような場合、さまざまな対策法があります。

冠水した道路を走っている途中にエンジンが停まってしまった場合には、再始動を試みることが必要です。エンジンがかかった場合には後退するなどし、再始動しない場合には車から降り前進しないように引き返すのが安全です。

それでも、うっかり車を水没させてしまったと言う場合の脱出方法は、ドアが開く場合にはシートベルトを外して逃げます。開かないときは窓から逃げることができます。
沈み始めたなら、まず車はエンジンのある前の方から沈んでしまいます。そのため、後部座席から逃げ出し車の天井に登るようにして脱出です。しかし、水の抵抗でドアも窓も開かなくなったときには、緊急脱出用ハンマーなどを使いガラスを割ることで逃げられる可能性が格段に高まります。
ハンマーを用意していない、窓やドアから逃げられなかった、と言う場合の最終手段としては、車内に水が満ちるのを待ち、車内と外との水位の差が小さくなったときが最後のチャンスです。差が無くなったことで水の抵抗も小さくなるため、ドアが開きやすくなります。ドアが開きそうな状態であると思ったら、息を吸い込みドアを押し開けるのです。
水中の中に逃げることになりますが、落ち着いて逃げる機会を逃さないことが大切です。

 

Comments are closed.