車を運転中に地震が発生した場合

テクスチャー18車の運転中に大きな地震に遭遇した場合にそのまま運転を続けると、車もハンドルをとられた時のように左右に揺れる状態になります。揺れている最中にそのまま運転を続けるのは極めて危険なので、まずは道路の左側に寄せて停車し、揺れがおさまるまで車内で待つ必要があります。停車する際は、通常の運転時と同様に急ブレーキや急ハンドルにならないよう、慌てずに動作を行いましょう。
揺れが始まった後はラジオやテレビをなるべく付けた状態にしておくと良いです。大きな揺れだった場合、ラジオやテレビからは必ず災害関連の情報が発信されます。揺れが収まった後に迅速に行動できるように、なるべく多く情報を収集しておくと良いです。
また、周辺の被害の状況が大きいと、車を置いて避難しなければならない場合があります。車を置いて避難する場合は、トラブルが起きる可能性をなるべく少なくしてから離れます。車を置く場所はなるべく道路外の場所にし、窓はしっかり閉めてサイドブレーキもかけます。エンジンは停止させ、エンジンキーは移動させなければならなくなった時のためにかけたままにし、ドアのロックはかけずに車外へ出ます。車外へ出る際は車検証や自賠責保険証明書などの貴重品は必ず持ち出しましょう。

Comments are closed.