晴天下に放置された車の車内温度はどうなるのか?

晴天下に放置された車の車内は非常に高音になることが知られています。これは車は窓ガラスの部分が多く直射日光が入りやすいこと、また密閉度が高いこと、また一般的に車の内装が黒など熱を吸収する素材が多い事などから非常に熱がこもりやすい構造になっているからです。
晴天下に放置された車の車内温度は50℃から60℃にもなると言われています。50℃から60℃と聞くと、サウナの温度程度と思う人も少なくありませんが、その環境はサウナよりもさらに過酷な状況になります。その理由は、車が密閉されており空気の対流が無いため、酸素の濃度が下がってくることにも関係があります。密閉されていることから空気の循環が無くかつ酸素が減ってくるため、人間や動物が放置された場合には命に係わる環境となります。現実に子供や動物が命を落とすという悲しい事故も発生しているほど、過酷な環境になってしまうのです。
晴天下に車を駐車する場合には、社内に動物や人間を置き去りにすることは非常に危険です。子供はもちろん、大人だからと言って安心は禁物です。酸素が減ってくるため思考力が停止し、冷静な判断ができなくなる可能性があります。また、車内が高温になるので市販のサンシェードなどでフロントガラスを覆い出来るだけ日の光を遮ることで、車内の物を熱から守ることも必要です。

Comments are closed.