トラブル防止テクニック

テクスチャー17万が一のトラブルを防止するために、日頃からできることがあります。ひとつは、事故を起こしてしまったときの口論を防ぐために、ドライブレコーダーを導入することです。急ブレーキの衝撃をきっかけに、その前後の映像と音声のデータが上書きされないように保護されます。あらかじめドライブレコーダーに挿入しておいた外部記憶装置をパソコンや映像再生端末に読み込ませると、事故当時の状況の把握が可能です。相手方が一方的に自己弁護を行ってしまう場合には特に有効で、万が一のときに備える保険として役立ちます。もうひとつは、ブレーキランプが正常に作動するのかを定期的に確認すれば、追突される事故の防止に有効です。ブレーキランプの電球が切れていると、ブレーキペダルを踏んでも後方車両には減速する意思が伝わりません。速度が速いほど、車間距離が狭いほど事故の発生確率は上がります。整備不良での事故は過失割合が高くなりがちですので、常日ごろからブレーキランプの点検を行うのが有効です。事故は、ある日突然自分の身に降りかかります。確実に予測するのは不可能ですので、万が一の事態に備えて防止策を講じておくように心がけておくと、被害が大きくなりにくいです。

Comments are closed.