トラブルは未然に防止しよう

テクスチャー15車のトラブルで一番多いのは、バッテリー上がりです。バッテリーが上がってしまうとエンジンがかからなくなっていまいます。防止のためには、バッテリーの液量などの状態をガソリンスタンドや整備工場で測定してもらうなどの対策が必要です。 バッテリーは消耗品なので、定期的に交換することが必要です。また、たまにしか乗らない場合や、夜間歯科乗らないという使い方は寿命を縮めてしまう可能性があります。 また、タイヤのパンクもとても多いです。対策としては、常に空気圧の調整をするなどが挙げられます。空気圧一本だけ圧が低かったりすると、問題が発生する原因となります。一か月に一度は空気圧を測る必要があります。また、摩耗、ひび割れなどのケースがあるので、こまめな点検が必要です。 キーの閉じこみなどは、近年、電子キーの普及とともに減少傾向がありますが、ドライバーがカバンにキーを入れてロックしてしまうというケースがあります、車種によってはロック防止機能がある場合もありますが、キーは常に手元に持っているということが、一番の対応策となります。 JAFなどへの加入をすることもとても大切なことです、万が一何かがあった時に駆けつけてもらい、会員価格で対応してくれるので、万が一の出費を抑えてくれます。 普段からの点検と、JAFなどへの加入が一番の防止策となります。

Comments are closed.